パッケージングは​​、「バーミキュライト」を「イオン交換特性」から土壌栄養素(マグネシウム、カルシウム、カリウム、鉄、マンガンなど)を富化保水添加剤として、植物や花作物閉鎖及び開放土壌用組成物pochvosmesiに使用されることが書かれています。   土地を「バーミキュライト」と混ぜると、苗を肥料化する必要性がなくなりますか?また、苗木の土壌にはどのような割合で添加することができますか?