みなさんこんにちは!私は顕著な芝刈機Husqvarna 128Rについての私の話を続けます。今日の朝(シャワーと紅茶の後)、貴重な箱のために納屋に行き、そこで彼は夏の家に移り、すぐに解凍しました。 箱の中に、実際には、トリマー自体ともう一つの箱がありました。 トリマーは、もちろん、逆アセンブルされた形で、今組み立てる必要があります...ボックスからの指示を受けて、すぐに組立シーケンスに慣れました。 指示は分かりやすいので、アセンブリには時間がかかりませんでした。 小さな箱から品物を分解して、組立に進みました。 小さな箱の内容:組み立てとメンテナンスに必要なものがすべてあるので、ツールを探す時間を無駄にする必要はありません。 最初の指示に従って、ハンドルのアセンブリです。ハンドルにハンドルのハンドルを当てて固定します。 これはスロットルスティックです(多分私の経験は組立の誰かを助けるでしょう)。 次に、ハンドル(私はそれをホイールと呼ぶ)をバーに取り付けます。 ステアリングが適所にある。 次に、サスペンションのホルダーを固定します(注意してください。ガスケットをホルダーの底に挿入することを忘れないでください)。 ナイフとラインの保護に付いています。 サスペンションを取り付け、すべて