だから、職場における総雇用のために、ウラジオストクに関する物語を続けるという約束はまだ達成されていないことが判明した。カメラで街を歩く時間がありません。しかし、私は夏の最後の日に、テント付きの海への4日間もの "休暇"に出くわしました。そこで私は、プリモルスキー地方の興味深いコーナーを示すために、もう一つの約束を果たすことにしました。 私は休憩した場所から始めます。 Bayisman Bay、Primorsky Kraiのハサン地区。 Primoryeの最も南の地域。中国との国境。快適で美しい湾と休息の場所がたくさんあります。「公式」と「野生」の両方です。夏には、地元民だけでなく、ユダヤ人自治区とアムール地域のハバロフスク観光客もここに来る。マシンでは、テントが海にぶつかる。 これらの場所の1つはBayisman Bayです。最近まで、 "blat"だけで安静になることができました。その場所は防衛省の後援の下にありました。 3年前、私たちはそこにいて、友人を通して手配しました。それを介してクロールするまでの道が唯一のタンクのためだった、我々はかろうじて「緊急ギャング」上市に、残りの部分の後に出て、その後、クロール、彼の車を壊しました。その車では、どの車でもなく、ミニバスの貨物と乗客である4WDが「持上げ」された。しかし...タンクではなく、悲しいかな。 今年は公式のレクリエーションセンターがあります(軍がその地域をあきらめたようです)、道路は敷設されており、車でも手に入ることができます。しかし、正直言って、私の個人的な意見では、残りの部分はすぐにそれを台無しにしました。あまりにも多くの人々、あなたが自然の中にいるのではなく、同じ都市です。都市の人々だけが何らかの形でフレームワーク内にとどまり、自然界では "リラックス"し、多くは豚のように振る舞います。さて、これは私の個人的な印象ですが、私はもうそこに行かないでしょう。私たちは休息のために他のより「野生の」場所を探します。自然は本当に残念ですが、場所は非常に美しいです。 湾は巨大で、数キロメートルの
Padėkite nustatyti augalo pavadinimą. Giminaičiai iš Ukrainos nunešė nežinomo augalo (gėlių) sėklos. Pridėta nuotrauka.
Stiklo mėgintuvėlyje neįmanoma rasti bent jau tam tikrų matomų gyvų daiktų. Skristi ir skraidyti.
Aš niekada maniau, kad moliūgų gėlė taip pat gali būti graži. Vienu metu turėjau
Pagal pateiktą naują "OBI" katalogą "Spring-Summer 2017" OBI "Teply Stan" buvo įsteigtas naujas pasaulinis
Festivalyje "Rudens spalvos", kuris dabar vyksta Aptekarsky sodas (Botanikos sodas Maskvos valstybinio universiteto), kaip
Zonavimas yra svarbi sodo dizaino dalis. Jei yra zonų, tai yra struktūra. Ir yra
2015.03.25 Krepšyje buvo 2 g sėklų, skaičiuojant 10 vienetų. Prieš sėją 3 valandas buvau